玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

いい手相なんてこの世にありません

世の中には必ず例外があり、それはいつも小さい頃から教科書通りの学習をしてきた私達を悩ませます。

 

手相もまた然りで全ての線が教科書通りに刻まれているわけではありません。

 

それは手相の難しさでもあり、奥深さでもあります。

 

 
f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170613111559j:image

 

 

今日は1つの例を挙げたいと思います。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170613102809j:image

 

(赤い線は運命線です。ご本人の使用許可は得ております)

 

運命線の一般的な定義は中指に向かって走る線を指しますが、上の様に途中から人差し指に流れて行く線もまた運命線になります。

 

この場合は人差し指の付け根(木星丘)が持つ向上心、独立心、積極性、正義感が強くなり、人並みならぬ向上心と努力で人の上に立ったり、人を教え導く立場になると実力を発揮できる事を表している吉相です。

 

そして興味深いことはこの運命線は右手であるこです。

 

右手は後天的に作られたもので外面を表し、運命線は主に仕事を観ますので正にこの方の適正を表しているのです。

 

しかし忘れてはいけないのは全てはこの方の努力の上に成り立つことです。

 

どんなにいい手相をしていてもそれは可能性に過ぎず開花させるのは本人次第なのです。

 

LINE@にて手相・人相の初心者講座

「ライトと一緒に観てみよう!!」

 を配信しています。

LINE Add Friend QR code

無料ですので登録お待ちしております。