玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

私何に向いてますか?


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170906133148j:image

 

よく受ける相談です(゜_゜)(。_。)ウンウン

 

誰しもが一度は考えると言っても過言ではありません。

 

鑑定においてはお話ししながら色々な線を観て総合的な見解をお伝えするのですが、今日は

 

「この線があったらこう考えてみよう」

 

を一つ教えますので参考にしてみて下さい。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170906123548j:image

反抗線

感情線の下に手の側面から手のひらに向かって真っ直ぐ伸びる線を反抗線と呼び、一本ならず二本、三本ある方は反抗線の特徴が色濃く出ます。

 

反抗線は線がある第二火星丘の内に秘めた強さや意志の強さを強調するので、この線を持つ方は自分が納得しないと例えそれが目上の方や上司であろうと時にはぶつかることもあるのではないでしょうか?

 

また反抗線をお持ちの方は芯の強さからくる正義感をお持ちの方が多いです。

 

この正義感は世間一般で言う悪を倒す正義ではなく、一人一人全く異なるものなので本人にしか分かりません。

 

なので反抗線をお持ちの方にはこの正義感を満たす事ができる職業や環境を視野に入れて考えることをお勧めしています。

 

とは言ってもいつもそれが満たされるなんてあり得ないのが現実です。

 

特に反抗線を右手にお持ちのあなた、右手は外面を表すので自分では自覚してなくても周りからは反抗的で扱いづらいと思われているかもしれません。

 

時には素直に頭を下げるのも必要ですよ。

 

 

最新の無料手相講座を毎週土曜日にLINE@にて配信してます。

お友達になって頂いた方にはプチ鑑定のプレゼントを致しております✨🎁✨

LINE Add Friend

 

鑑定のご依頼はHPよりお待ちしてます。

玉置ライト手相鑑定

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170906132331j:image