玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

循環させてますか?

本日は手相の縦3大線である運命線・太陽線に続いて「財運線」についてお話します。

 

運命線と太陽線はこちらからどうぞ

 

LINE@過去ログ「運命線」 - 玉置ライトの手相観

 

幸せのつかみ方 - 玉置ライトの手相観 

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170926144726j:image

 

 

 財運線

 
f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170926110636j:image

 

厳密に言うと財運線とは水星丘に出る線のみを指し、それ以外の水星丘に向かって伸びる線は水星線と呼びますが、私は水星丘に向かう線は全て財運線と観ます。

 

財運線は水星丘の商運、財運、言語、コミュニケーション能力の意味を強めますので、お金を生み出す(稼ぐ)能力やその時の財運(お金)の流れ、またお金に対する関心や執着を観ます。

 

なので財運線が有るからお金持ちであるとか、無いから財運がないとは一概に言えず、既にお金持ちであったりお金に執着や関心のない方なのかもしれません。

 

財運線の観方としては上のように線がはっきり出てる場合はお金を生み出し(稼ぎ)使うことによって上手く循環させている事を表します。→財運の流れがいい。

 

お金と運は循環させましょう

 

また財運線が2本ある場合は、2本ともはっきりとした線であれば財運線の力を強めますが、逆に一本でも薄く弱々しいものであればその力を弱めてしまいます。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170926132817j:image

複数ある


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170926132833j:image

クネクネしている

 

複数ある財運線(目安は4本以上でこの場合は大体一本々が弱々しい)は散財傾向にあり、クネクネしている場合は何かしらお金のことで悩んでいる状態かもしれません。

 

よく私には財運線が無いとがっかりされる方がいますが、手相はその時の状況や気持ちで変わりますし、0(無い線)を1にすることより、今持っている線の意味を2にも10にもすることを一緒に考えていくのが手相観(てそうみ)としての私の信念です。

 

明日は長い財運線について書きます。

 

最新の無料手相講座を毎週土曜日にLINE@にて配信してます。

お友達になって頂いた方にはプチ性格鑑定のプレゼントを致しております✨🎁✨

 

LINE Add Friend

 

 

鑑定のご依頼はHPよりお待ちしてます。

 

玉置ライト手相鑑定

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170926135914j:image