玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

成功への鍵は手の中にある

本日は縦3大線(太陽線・運命線・財運線)のまとめとして、大変な吉相である「覇王線」について書きます。

 

縦3大線についてはこちらからどうぞ

 

太陽線

幸せのつかみ方 - 玉置ライトの手相観

 

運命線

LINE@過去ログ「運命線」 - 玉置ライトの手相観

 

 財運線

循環させてますか? - 玉置ライトの手相観

 

それが強みだと気付いてね - 玉置ライトの手相観

 

 f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170928145139j:image

 

覇王線

 

f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170928110200j:image 

 

覇王線とは力強く伸びる運命線にはっきりとした太陽線と財運線が1点で交わった大変な吉相で、三奇紋や三喜紋とも呼びます。

 

覇王線のある方は成功するために必要な富、人脈、才能、経営センス全てが揃い億万長者になれる可能性を秘めています。

 

経営の神様と言われているかの松下幸之助氏にこの覇王線があったのは有名な話です。

 

 

そして

 
f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170928112152j:image

 

このように太陽線を中心に運命線と財運線が1点で交わる覇王線もあります。

 

運命線を中心とした覇王線は自ら運命を切り開き成功を掴み取るのに対し、太陽線を中心とした覇王線は自らが太陽みたいに光輝き、その存在に集まった人財が成功を運んで来るイメージです。

 

ここで補足すると、財運線の表す財は商売や事業で成す財で、太陽線の表す財は名誉、人気、地位といった人(人財)によってもたらさせる財を指します。

 

因みにこちらの覇王線は年商10億円を売り上げる社長の手にはっきりと出ていました。

 

そして誰に聞いてもこの社長は素晴らしい方だと口を揃えて言います。←太陽線が印象的でした。

 

もしあなたの手に覇王線があってもどれか一本でも薄かったり、途切れていていたらまだ可能性に過ぎないか道半ばの段階と判断します。

 

また覇王線にはならなくても運命線、太陽線、財運線のうち自分には何が足りないのかたまにはじっくり手を観て自分と向き合うのはいかがですか?

 

その時は是非玉置ライトにお手伝いさせて下さい。

 

 

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。

 

手相観(てそうみ) 玉置ライト (@tamaokiraito) | Twitter

 

実際の手をお借りして手相講座を毎週土曜日にLINE@にて配信してます。

お友達になって頂いた方にはプチ性格鑑定のプレゼントを致しております✨🎁✨

 

LINE Add Friend

 

 

鑑定のご依頼はHPよりお待ちしてます。

 

玉置ライト手相鑑定

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20170928121143j:image