手を翻えせば雲となり手を覆えせば雨となる

手相観の全てをここに置いていく

もしも運命の人がいるならば

時代と共に変わるものを挙げたら結婚観もその一つに入るのではないでしょうか。

 

昨今は女性の社会進出、男性の草食化などで晩婚化が進んでいますがそれと同時に離婚率も上がっています。

 

結婚はスタートなのか?はたまたゴールなのか?永遠のテーマみたいなところもありますがそれでも人生においての一大イベントに変わりはありません。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171007214602j:image

 

今日は結婚線の観方について書きます。

 

結婚線

f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171007203919j:image

手の側面(小指の付け根から感情線の間)から手のひらの水星丘に向かって伸びる線で、水星丘の持つ家族の意味を強めるので結婚線と呼ばれ、結婚運や結婚後の夫婦関係を観ます。

 

また恋愛は精神的な部分が大きいので、結婚線は結婚のみならず恋愛の線としても観ます。

 

例えば結婚線が2本あるからと言って必ず2回結婚をするのではなく 、その内の1本は結婚したいと思うほどの恋愛を経験する(した)可能性も表します。

 

逆に結婚線が無いから結婚ができないという見解にはならず、今はその時期ではないか、結婚に全く興味がないのかもしれません。

 

もちろん結婚線のみで結婚を判断することはないですが結婚線がピンクで目立っている場合は結婚が近いかもしれません。

 

結婚線の流年法

f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171007212632j:image

 

結婚線を観る時は小指から感情線までを4等分します。

 

感情線~青の間に結婚線がある場合は10代で結婚します。

 

青~緑の間に結婚線がある場合は20代で結婚します。

 

緑~ピンクの間に結婚線がある場合は30代で結婚します。

 

ピンク~小指の付け根の間に結婚線がある場合は40代以降に結婚します。

 

また左右の結婚線がピタリとくっつく場合は理想の相手と幸せな結婚ができると言われています。

 

あくまでも目安ですが参考にしてみてください。


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171007213942j:image