玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

可能性のまま終わらせないで

皆さんは成り上がると聞くとどんなイメージを持たれますか?

 

私は成り上がって天下を統一した豊臣秀吉が真っ先に思い浮かびます。

 

秀吉と言えばある寒い日に主君信長が履く草履を懐に入れて温めたエピソードが有名ですが、彼みたいに機転が利き、努力も惜しまず、さらに運を持ち合わせた者がどんな状況下でも成り上がっていくと思っています。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171015213352j:image


先日鑑定させて頂いた方は独立をしてもうすぐ7年の社長さんでした。

 

長い下積みを経て独立し、7年経ってやっと形になってきたと仰っていました。

 

経営が苦しい時はアルバイトをして凌いだこともあったそうです。

 

話を伺う限りこの方は間違いなく成り上がり者です。

 

そしてそのことを裏付けるように手相を拝見するとこの方の右手にははっきりと成り上がり線がありました。

 

千金紋(成り上がり線)


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171015185555j:image

 

生命線の起点から中指の付け根の土星丘まで緩く弧を描いて伸びる線を千金紋(せんきんもん)と呼びます。

 

似ていますが火星環とは違います。

 

その芽はあなたの可能性です - 玉置ライトの手相観

 

千金紋は生命線から土星丘に伸びる線なので、運命線であり開運線でもあります。

 

開運線についてはこちらからどうぞ。

 

手相もシンプルに考えましょう - 玉置ライトの手相観

 

千金紋は努力、才能、運でどん底から這い上がって成功を掴むことから成り上がり線とも呼ばれ、この線がある方は現在成り上がっている最中とも観れるので、一発逆転や大器晩成の相とも言えます。

 

千金紋自体はレアな相なのですが、この線も切れ切れだったり薄く出ている場合がありますので千金紋に早く気付くことが大切です。

 

何回も言いますが手相はあなたの可能性です。

 

可能性を可能性のままで終わらせないで下さい

 

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。

 

手相観(てそうみ) 玉置ライト (@tamaokiraito) | Twitter

 

 鑑定のご依頼はHPよりお待ちしてます。

 

玉置ライト手相鑑定

 

f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171015210928j:image