玉置ライトの手相観

「本当に使える手相とは?」を日々追及してます。

二兎追ってもいいんだよ

昨日過去ログを見ていて二重生命線・二重知能線・二重感情線は書いてあるのに二重運命線について書いていないことに気付きました。

 

なので本日は二重運命線について書きます。



f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171106224113j:image


 二重運命線

お察しの通り運命線が2本あることを二重運命線と呼びます。

 

二重運命線の方は本業とは別に副業を持ったり、趣味がいつの間にか仕事になっていたりと一度の人生を2倍楽しむことができる大変羨ましい相なのです。

 

ではもう少し詳しく二重運命線について観ていきましょう。


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171106203440j:image

以前鑑定した30代男性の二重運命線です。

 

この場合は水色の自ら切り開く運命線とピンクの支援者に恵まれる運命線の両方を持っていることになります。

 

聞けばこの男性は本業の他に趣味でマジシャンをされているそうで、とある大会で優勝した経歴をお持ちでした。

 

今では休日にイベントに呼ばれてはその腕前を披露しているそうです。

 

本業の水色とのマジシャンのピンク正に二つの人生を楽しんで生きている素敵な例です。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171106211823j:image

 他には上の様な二重運命線もあり、この場合は赤い運命線が出現した辺りから趣味が実益を兼ね出したり、何か副業を始めたと観ます。

 

ここでも流年法が使え赤い運命線の始点が二足の草鞋を履いた時期であると観ることができます。

 

運命線も色々なパターンがあるのでここで全ては紹介しきれませんが、もしあなたの手に二重運命線があるなら2倍の人生を楽しんで下さい。

 

手相を生かすも殺すもあなた次第です

 

Twitterでブログ更新のお知らせをしています。

 

手相観(てそうみ) 玉置ライト (@tamaokiraito) | Twitter

 

 大変ご迷惑をお掛けしております、HPは只今メンテナンス中です。

 

ご用の方はtamaokiraito@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

 


f:id:tesoukan-tamaokiraito:20171106215937j:image